山口県偕行会 会則         前のページへ戻る

1 本会は山口県偕行会と称す。

2 本会の会員は山口県在住の旧陸軍の将校、士官候補生、将校生徒並びに元幹部自衛官で、本会の目的に賛同する者をもって組織する。

3 本会は戦没者の慰霊奉賛、会員相互の親睦、伝統ある会の存続に努め、偕行精神の下、偕行社との連携を図りつつ、諸施策を遂行するものとする。

4 本会の役員は、会長・副会長・事務局長・副事務局長・監事よりなり、会長は会務を統括するものとする。事務局長は会長を補佐し、本会の会計事務並びに渉外業務に当たり、監事は会の職務状況並びに経理状況を監査するものとする。なお、会長は単年度ごとにその状況・結果を全会員に通達しなければならない。

5 副会長・副事務局長は夫々の長を補佐し、諸事情により必要の生じた場合、会長・事務局長の職務を代行するものとする。

6 本会の役員の任期は2年とし、次期役員の選出は、会長の推薦もしくは総会の議を経てこれを行い、留任を妨げないものとする。総会の議は通信によりこれに代え得るものとし、全会員の過半数による要望若しくは会長の判断により、原則として年度初めに之を行う。但し重要案件の生じたる場合はこの限りでない。

7 本会に名誉会長及び顧問を置くことが出来る。その委嘱に当たっては、役員の推薦により会長が之を行うものとする。

8 本会は7月1日より、翌年の6月30日までをもって単年度とする。

9 本会の事務局は、原則として之を事務局長宅に置くものとする。

10 県下各地区に支部を置き、支部会員の互選により支部長を決め、自由な活動を行うものとする。万一支部長に支障の生じたる場合は適宜交代するものとする。

11 本会の会則は会員の過半数の賛同があれば改定できるものとする。

細 則
1) 年度初めに崇敬奉賛志納金並びに年会費500円を徴収する。
2) 志納金は靖国神社並びに山口県護国神社に之を寄進し、一部を山口県陸軍墓地の祭祀料に充当する。

附 則
  本会則は平成27年2月1日をもって発効するものとする。