第6潜水艇受難者記念碑   前のページへ戻る

旧陸軍ではないが、帝国海軍の有名な遭難事件であるので、この項に加えることにしました。

明治43年(1910年)4月15日、岩国沖において事故により沈没した第6潜水艇を顕彰して建てられた碑である。
場所は、岩国市新港町4丁目 装港小学校の北側にある。


 

第6潜水艇の遭難について(ウィキペディア等から引用)

 明治43年(1910年)4月15日第6潜水艇は広島湾内でのガソリン潜行実験を行った。
ガソリンエンジンの煙突を海面上に突き出して潜航運転するもので、現在のシュノーケルにあたるものである。
そこで事故が起こり岩国市沖に沈没、乗組員14名全員が死亡した。船体は翌日に引き上げられた。何らかの理由で煙突の長さ以上に艇体が潜航した為に浸水が発生。閉鎖機構も故障、手動閉鎖をする間に16メートルの海底に沈んだものである。
 艇が引き揚げられたのは翌日であった。 引上後の調査で艇長佐久間勉大尉以下、乗組員14人のうち12人が配置を守って死亡していた。 残り2人は本来の部署ではなくガソリンパイプの破損場所にいて最後まで破損の修理に尽力していたことが判明した。当時は世界各国でも潜水艦の事故が多発しており、パニックに陥った水兵が脱出口に殺到し悲惨な状況を呈することが多かったため、第6潜水艇乗組員の態度は際立って異なっていたのである。。

 これが単なる海難事故として処理されず、後世まで語り伝えられることになったのは、佐久間大尉以下の死に至るまで沈着冷静な対応と、残された佐久間大尉の遺書による。事故の責任問題や事故処理に関して色々の問題はあったものの、軍人として、日本人として立派な行動であったと言える。

○殉職者氏名(敬称略)

海軍大尉、佐久間 勉

海軍中尉、長谷川 芳太郎

海軍機関中尉、原山 政太郎

海軍上等兵曹、門田勘 一

海軍上等機関兵曹、鈴木 新六

海軍一等兵曹、浴山 馬槌 ※山口県玖珂郡日積村:現柳井市出身

海軍一等機関兵曹、岡田 権治

海軍二等兵曹、堤 重太郎

海軍二等機関兵曹、山本 八十助

海軍二等機関兵曹、檜皮 徳之助

海軍三等兵曹、吉原 伸二

海軍三等機関兵曹、河野 勘一 ※玖珂郡玖珂村:現岩国市出身

海軍三等機関兵曹、福原 光太郎

◆この碑とは別に、呉市西三津田町に所在する鯛の宮神社境内に、第6潜水艇殉難慰霊碑があり、毎年4月15日には追悼式が行われている。その際、英国大使館付武官も参列されるとのことである。