山口駐屯地射撃場近くにある旧陸軍の標石           前のページへ戻る

山口駐屯地の射撃場近くに旧陸軍の標石がある。陸軍用地の境界を示したものらしいが、細部については不明である。


  椹野川を射場へ渡る民家のそばで発見した標石、表に「明治参拾弐年」側面に「陸軍省」とあり、歩兵第42聯隊が移駐してすぐに建てられたものらしい。現在は民家入り口の玄関にある。何の目的か情報をお持ちの方は、桜会までご連絡をお願いします。
  


こちらは自衛隊山口射撃場の西側にある標石



山口射撃場の右の道路を上っていく途中の、自衛隊倉庫の柵の外にひっそりと立っている。











高さは150cmぐらいだろうか。道路に面した方には「陸軍省所轄地」、裏面には「第十六號」とある。民有地との境界を示しているらしく、探せばもっと見つかるかもしれない。