活躍中のOB                         前のページへ戻る

平成24年4月7日 ホテルニュータナカで勤務中の勤務されている難波寛史さんにお話を伺いました。

−防府市出身の難波さんは、17連隊で勤務されたそうですが自衛隊歴についてお願いします。
「私は、高校卒業後平成5年4月に山口駐屯地に入隊しました。当時教育部隊に改編された第4中隊で前期教育を受けました。その後、第2中隊に配属となり小銃手として勤務しました。」

−第2中隊には何年おられたのですか。
「約6年間在隊して平成11年に3任期満了で退職しました。」

−私(注:岡本)は4任期継続してやっと陸曹になりましたが、もう1任期頑張れば良かったですね。」
「陸曹にはなりたかったですね。当時、補士制度ができたため一般2士で入隊した隊員は陸曹になるのが非常に難しくなっていました。また私が退職した時期はちょうど旅団改編の年で、17連隊も軽普通科連隊に改編となり、装備もどんどん新しくなっていました。新装備に触れる機会が短くて少し残念でした。」

−退職後の勤務ははどのようにされましたか。
「自衛隊を退職後ホテルタナカに入社して、当初フロント業務でしたが現在は営業部販売促進課の主任として勤務しております。勤務歴は14年になります。」

−ホテルニュータナカはタナカグループだそうですが。他にも色々やっておられるのですか。
「弊社は、宿泊部門として「ホテルニュータナカ」「下関マリンホテル」「萩たなかホテル」「古稀庵」「マリン温泉パーク」「日帰り温泉 はぎふくのゆ」があります。またレジャー部門として「秋吉台サファリパーク」も傘下にございます。是非ご利用していただきたいですね。」

−最後に勤務は非常に忙しそうですが、オフの時は何をされていますか。
「ジョギングで体力が落ちないように気をつけています。また、スポーツ観戦が好きですね。」



後記:難波さんはまだ独身とのことですが、明るい笑顔で積極的に営業活動をされている姿が印象的でした。自衛隊の同期会等でホテルニュータナカを利用する機会がありますが、いつも親切な対応で楽しく過ごすことができます。なお、第2中隊会もホテルニュータナカで4月20日(土)に実施予定です。
 ホテルニュータナカ 電話083−923−1313