活躍中のOB                        前のページへ戻る

OBの職場訪問記 その3
柘野信也さんの職場「如来堂」を訪ねました。
維新公園のすぐ前にある、如来堂を訪問しました。柘野さんは営業で外回りが多いとのことですが、本日は仕事の合間を縫って、山口支店でお話を聞くことができました。
-本日は、お忙しいところありがとうございます。退職自衛官の職場としては、とても珍しいと思いますが、現在の仕事を選ばれたのは何故ですか?
柘野さん
『実は、退職5年前ぐらいから、実家の宗派と仏壇に興味を持って、色々調べたりしていました。そこで、援護センターに自分の希望を伝えたところ、ちょうど「如来堂」が募集をしており、マッチングしたわけです。』


-仕事の内容はどんなものですか?
『営業で仏壇とお墓の販売をしています。営業の基本区域は山口市、防府市、徳地地区等ですが、お客さんの要望があれば、どこへでも参ります。』

-県外等への行かれるわけですか?
『県外出身のお客様で、山口へお墓を移される場合等は遠くへも行きます。最近では滋賀県からお墓を移すお手伝いをしました。他には、高知県、佐賀県、長崎県へも参りました。一応は商売なのですが、採算を度外視することも結構あります。』
-お仏壇を購入する場合の注意事項はありますか?
『場所(寸法)と予算はしっかり決めておく必要がありますね。そうしないと、営業の方も高いものを買って欲しいので、結構高いものをお勧めする場合があります。』
-お墓を購入する場合の注意事項はどうでしょう?
『良い石を選ぶ必要がありますね。硬くて50年から100年は持たせたいですね。少し高くなりますが、予算の制限があるときは、灯篭を作らないとか切り詰める方法があります。』 
-自衛隊を退職して、営業の道を選ぶのは大変なことと思いますが、ご苦労はされましたか?
『実は、現職のとき血圧が高いと注意されていたのですが、現在就職して3年目になりますが、血圧は全くの平常値になりました。営業の相手先がお年寄りが多く、人生の大先輩方から色々良い話を聞くことができます。若いころは短気といわれてましたが、今はかなり気が長くなったようです。ただ、就職してすぐは、ノルマがほとんど達成できず苦労しました。また、私より若い30代の先輩から、厳しい指導をいただきましたが、自分ではさほど頭にくることもなく、少しでもうまく仕事ができるように努力しました。』

  -現職の方に一言アドバイスをお願いしたいのですが?
『まず一番目に「プライドを捨てろ」ですね。公務員は頭を下げるのが下手ですが、自衛隊での自分の階級は忘れた方が良いでしょう。二番目は「入隊時の新鮮な気持ちを忘れるな」です。学校を卒業したばかりの初々しい気持ちで、第2の人生を過ごすべきでしょう。さらに言うならば、楽をしようと思わないこと、せっかくの人生ですから少しばかりの冒険をした方が良いと思います。』  

柘野さんは、毎朝7時半には出勤して、お店の掃除等を済ませて、仕事に臨むとのことでした。
今後ますますの、ご活躍をお祈りします。また、お墓、ご仏壇のご相談は下記へお願いします。

「如来堂山口支店」
〒753-0815
山口県山口市維新公園1丁目1?1
電話 083-934-4111

柘野信也さんの自衛隊略歴
○昭和47年3月入隊(職種:普通科)
○第46普通科連隊本管中隊(海田市)
 #49曹候、レンジャー
○昭和53年 第4普通科連隊(帯広)
○昭和60年 調査隊(釧路)
○平成3年 山口駐屯地
  以後海田市駐屯地、伊丹駐屯地で勤務
○平成19年10月 准尉で退官